あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    トイプーさん前肢骨折
    2018年05月15日 (火) | 編集 |
    昨夜の手術はトイプードルさんの前肢(橈骨尺骨)骨折です。

    オペ前オペ前2

    このワンちゃんは非常に我慢強くて、この状態にも関わらず骨折した脚を触っても鳴きもせず怒りもしません。

    さあ、麻酔をして手術です。
    痛い麻酔注射もじっと我慢していました。

    ピン挿入ピン挿入2

    この子の骨はとても硬くてピンがなかなか通過しませんでした。
    骨折してから少し日にちが経っているので、骨折端に組織が入り込んで少し隙間が出来ています。

    スプリント1スプリント2

    スプリントを装着して終了。
    尺骨(細い方)がややズレていますが、メインは橈骨(ピンが入っている方)なので大丈夫。
    リモデリングしてほぼ正常な位置に戻ります。
    はやり懸念は13歳という年齢です。
    骨の再生は若い子に比べて明らかに遅く、ギプス装着による筋肉の萎縮は明らかに早い。。。
    跛行が残らないか心配です。

    しっかり治ってくださいまし。( ̄人 ̄)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    またまたタマタマ陰睾
    2018年04月10日 (火) | 編集 |
    今日去勢手術に来たワンちゃんは、まだ体重が1.7㎏しかありませんでした。
    手術前の診察でタマタマを確認すると、あれ?1つしか触れないぞ?
    身体が小さいから分かりにくいのかも。
    しかし何度確認しても1つしかない。

    鼠径を探ると、これかな?というものを発見。
    これは鼠径部陰睾ですね。

    陰睾についてはこちら

    その旨飼い主さんに連絡をして手術開始です。

    陰睾 (2)

    右のタマタマが鼠径部にあります。
    可動性が少なく、とても陰嚢までは引っ張れません。
    そこで、両方の間に切開を入れて、両方を引っ張って来ます。

    手術方法

    以前の同様手術についてはこちら

    IMG_9891.jpg

    無事終了。

    小さい身体の小さいタマタマ。
    陰睾を発見するのは難易度高いです。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    シグワン
    2018年03月23日 (金) | 編集 |
    新しく動物用歯ブラシを導入しました。

    SigOne.jpg

    ”Sig One (シグワン)"

    ヘッドにブラシが360°植えられている特殊な形状です。

    IMG_9716.jpg

    特許製法
    特許製法2
    使用法
    使用上の注意

    使ってみないと良さが分かりませんから、まずピノでやってみました。



    これはなかなか良いではないですか。
    普通の歯ブラシだとブラシ部分の角度をあっちこっち向けなければなりませんが、これはその必要がありません。
    見た目より柔らかいブラシなので歯ぐきから出血しにくいし。

    ピノに合わせてSサイズを使ってみましたが、小さめのSSの方がやり易いかも。

    希望小売価格680円 ⇒ 特価!650円で販売中

    若干お値段が高めなのが難点です。(^^;)

    ぜひ使ってみたいという方は受付にてお声をお掛けください。m(_ _)m

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    イタグレ骨折
    2018年02月27日 (火) | 編集 |
    ワンちゃんが伊豆のドッグランで前脚を骨折してしまいました。
    当院にもよく来てくれるイタグレさんです。
    取り敢えずドッグラン近くの動物病院で応急手当(副木)をしてもらって、急いで当院まで来てくれました。
    いつもは喜んできてくれるイタグレさんですが、この時ばかりはテンションミニマムです。

    まずはレントゲン。

    ope前1ope前2

    橈骨尺骨の斜骨折です。(>д<;)イタソー
    骨折端がずれているし、これは手術するしかありません。
    そうお話ししてそのままお預かりしました。

    さて、頑張りますっ!

    橈骨の遠位(手首近く)は骨が急に太くなっている所で一番折れやすい場所です。
    しかし、靭帯や腱が集中していて、手術がしにくい場所でもあります。
    四苦八苦しながら髄内ピンを入れて固定して、得意のオリジナルスプリントを装着しました。

    ope後2ope後1

    後はワンちゃんの治る力に委ねます。

    骨折しやすく治りにくいと言われるイタグレさんですが、以前に違うイタグレさんの骨折の時も同じ装具で完治しました。
    どこも圧迫せず、通気も良好なこのスプリントは、我ながら良いアイデアだと思っています。

    さあ、今回もキッチリ治っておくれ~!

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    石?
    2018年01月30日 (火) | 編集 |
    川原や海岸で見るようなこの石

    結石

    白くてスベスベ。
    ヒスイみたいです。

    どこから採取したかというと、ワンちゃんの膀胱からです。
    ( ̄д ̄|||)

    結石じゃ

    これ、2㎏未満の小型犬から摘出しました。
    そう。1匹のワンちゃんからこれ全部。

    ストルバイト

    膀胱は石で充満してました。(;´д`)

    この結石は「リン酸アンモニウムマグネシウム(ストルバイト)」です。
    療法食で予防できます。

    頻尿で悩んでいましたが、これで楽になりますね。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。