あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    パプリカ その後
    2017年08月23日 (水) | 編集 |
    RP0805.jpg

    8月5日に真っ赤くなったパプリカはその後収穫してサラダで頂きました。

    パプリカその後 (1)

    え~~と~~~、
    特に美味しくも不味くも無い普通のパプリカでした。(*^^*)

    その後、次に赤くなってきたパプリカが熟すをの待っていたら、予想通りお盆明けになりました。

    しかし・・・・・

    パプリカその後 (2)

    ゲッ!w( ̄△ ̄||)w 腐ってきた!

    このまま置いてもどんどん腐るだけなので、まだ黒いところがあるけれど収穫しました。

    パプリカその後 (3)

    パプリカその後 (4)

    腐ってない方だけ切って食べてみましたが、やっぱりまだ青臭くて苦くて全然美味しくありませんでした。


    因みに、
    ミニトマトは虫や鳥に食べられないようにと、昼は外、夜は屋内に毎日毎日移動させて世話をしていたというのに、結局虫にやられて10粒程度収穫しただけで、その後は全滅です。(T_T)

    やはり片手間では作物の収穫は難しいですね。(_ _|||)

    イエローパプリカ

    イエローパプリカが健在なのがせめてもの救いです。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:家庭菜園
    ジャンル:趣味・実用
    父娘で仙丈ケ岳へ 2
    2017年08月22日 (火) | 編集 |
    仙丈ケ岳に登るには、標準的な登山者はまず北沢峠に行かなければなりません。

    北沢峠地図
    Mapionより転載

    この周辺はマイカー規制があって、芦安または奈良田に車を停めてバスか乗り合いタクシーで広河原まで行き、そこで更にバスに乗り換えて北沢峠まで行くしかありません。
    (長野県伊那市方面からのアプローチもありますが、やはりマイカー規制があります)

    今回、奈良田に車を停めましたが、始発バスは午前5時30分発で、それを逃すと次は9時発になってしまい日帰りは絶対無理。
    5時30分に間に合うのには家を3時30分には出なければなりません。
    でも、早朝というか未明の道路はすれ違う車も少なくて快適です。

    5時20分、奈良田温泉到着。予定通り。
    バス停には既にバスが待機していました。
    さて乗ろうかと車内を見回すと座席は満席。
    げー(||| ̄д ̄)、50分間立ち乗りかな~
    と落胆していたら、すぐにもう一台のバスが来て余裕で座れました。

    バスは余裕で

    奈良田温泉を出発したバスは、そこから数百m先の大きな登山者用駐車場で更に登山客を乗せて行きます。
    その駐車場から乗った私たちの前の席の男の子が、バスが走り始めて10分もしないうちから車酔いし始めて、到着までずーっとゲーゲーしていました。
    頑張れ男の子!

    6時15分、広河原に無事到着。
    30分待ちでバスを乗り換えて、北沢峠に着いたのは7時15分。
    家を出てから登山口まで3時間45分。
    近いようで遠い仙丈ケ岳です。(* ̄_ ̄*)

    北沢峠

    奈良田から北沢峠に直通のバスが出来ないかなぁ~。

    さて、帰りの最終バスは16時発です。
    仙丈ケ岳周回の標準コースタイムは7時間25分。
    7時20分から登り始めて、標準的に帰ってくるのは14時45分。
    所々に休憩(10分×3回)と食事タイム(30分)を入れると15時45分到着予定。
    結構ギリギリです。
    特別トレーニングしていない娘のスピードが全く読めませんからコースタイムを基準に考えましたが、もしかしたらもっと遅いかも。
    私「今日の目的は小仙丈カールを観ること。余裕があったら山頂を目指す。だから辛くなったらいつでも遠慮なく言えよ
    実は3日前のトレーニングウォーキングで私も右足を負傷していて、私自身もどこまで持つか分かりません。
    なので
    娘「お父さんもね
    と言ってもらい、お互い探り探りの登山でした。

    結果は無事登頂、無事下山。
    活動時間はたっぷりの休憩と食事タイムを含めて7時間!
    コースタイムより全然早かったです。

    こもれび山荘


    麓のこもれび山荘で”挽きたてコーヒー”を味わってもまだまだ時間の余裕がありました。
    やっぱり若さってスゲー。

    娘に感想を聞くと
    娘「高山って、富士山みたいに岩と砂利の荒涼とした山頂ばかりかと思っていたけど、イメージが変わった!

    IMG_6655.jpg
    仙丈ケ岳の花

    緑も沢山あるし、花は種類も数もいっぱい。
    景色も変化があって最高!

    小仙丈カール
    仙丈小屋

    仙丈ケ岳すごく良かった~

    私「だろ?
    何故か鼻高々の私。

    そして
    娘「こうしてみると富士山ってつまんないね~
    私「だろ~
    何故か地元の日本一を貶める二人。
    もちろん登ったことがある人間だからこそ言える言葉です。

    私「体力的にはどうだった?
    娘「う~ん、0.8富士山(富士登山の8割)くらいかな~。
    登りは0.7だけど、下りがちょっと辛くて1.1富士山くらい。
    総合で0.8だね~。

    だそうです。
    富士山は砂礫が多いので下りでは着地の衝撃が緩和されますが、その他の山は直接膝に来ますから、下りの疲労度は富士山より大きいですね。

    皆様のご参考になれば幸いです。

    いんちょ 因みに2年前ソロ登山の時の活動時間は4時間50分

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    父娘で仙丈ケ岳へ
    2017年08月21日 (月) | 編集 |
    今年の夏は雨が多くて嫌になってしまいます。
    景色を楽しみに山登りをしていますから曇天雨天予報ではアルプスには行かずに、練習の為に近場の低山に登っていました。
    更に毎年恒例の誕生日富士登山も雨の為残念ながら中止になりました。
    その後もなかなか晴天が望めませんでしたが、昨日はなんとか雨が降らないで済みそうな予報でしたから、やっとアルプスに登れそうです。

    さて、2年前の7月に仙丈ケ岳に登ってその優美な姿に魅了されて、是非もう一度訪れたいと思っていました。

    小仙丈カール

    その話を娘にしたら
    「仙丈ケ岳に登ってみたい」
    と言ってくれました。

    ということで、恒例の親子登山は富士山ではなく、昨日娘と仙丈ケ岳に行くことになりました♡

    父娘で仙丈ケ岳

    相変わらずの美しい山容と「凄く良かった~」との娘の笑顔で、満足度100倍の山行でした。

    詳しくはまた・・・^^*

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    「大阿原湿原」と書いて「おおあはらしつげん」と読む(普通か^^;)
    2017年08月08日 (火) | 編集 |
    ・・・前日からのつづき

    入笠山山頂で栄養補給をした後、
    「折角ここまで来たからには、大阿原湿原に寄らないわけにはいかないでしょ!」
    と、午後2時を過ぎようとしている時間にも拘わらず、更に先を目指しました。
    まあゴンドラ(下り最終16:30)を使ったり、最悪タクシーで帰るって手もあるし。

    入笠山から大阿原湿原へ

    小走りのように入笠山の南面を下り、舗装路に出ます。

    入笠山登山 (35)

    そこから約1km歩くと大阿原湿原に到着です。

    入笠山登山 (48)
    大阿原湿原は、国内の高層湿原の分布では最南端に位置する貴重な湿原です。
    ミズゴケの泥炭が堆積し、湿原としては乾燥度が高い老年時代に入っています。


    ふむふむ、なるほど。貴重な湿原ですね。
    あれ?待てよ?
    日本最南端の高層湿原て屋久島の花之江河(はなのえごう)じゃなかったけ?
    ま、いっか!(*⌒▽⌒*)

    道路脇沿いに数台停まれる駐車場があって、駐車場から数段階段を下りると即湿原です。

    入笠山登山 (36)

    右の木道は途中までバリアフリーで行けます。

    入笠山登山 (37)

    入笠山登山 (38)

    入笠山登山 (39)
    バリアフリーはここまで

    入笠山登山 (40)
    脚に優しい木道歩き♡

    入笠山登山 (41)
    爽やかな湿原を独り占め

    入笠山登山 (42)
    湿原周回路の最深部
    右に行くとテイ沢沿いの林道

    入笠山登山 (43)
    復路はコナシ・シラカバの林の中を通る木道

    入笠山登山 (44)
    こけ・苔・コケ~!

    入笠山登山 (45)
    若干八ヶ岳っぽい

    入笠山登山 (46)
    ササとシダとコケとシラカバ

    入笠山登山 (47)
    苔むした巨岩

    とても静かで広々した湿原で和みましたが、私以外は一人もいませんでした。
    孤独に湿原を楽しみたい方にはお勧めです!

    午後2時42分、さてそろそろ帰らないと。
    舗装路を入笠山を迂回するように帰ります。

    道沿いの木々には、

    入笠山登山 (49)

    入笠山登山 (50)

    湿気が多い澄んだ空気の所にだけ生息するというサルオガセが大量に繁茂していました。
    空気が綺麗なんですね~。

    帰路の道沿いに「八ヶ岳ビューポイント」があるので寄ってみましたが、

    入笠山登山 (51)

    やっぱり厚い雲で顔を隠していました。

    マナスル山荘に続く道まで戻り、右手の広い道を歩いて行くと、もう一つの湿原「入笠湿原」が現れました。

    入笠山登山 (52)

    こちらも時間があれば是非回りたかったのですが、泣く泣く割愛しました。
    次の機会には必ず!

    ゴンドラ山頂駅と登山道の分かれ道に到達。

    入笠山登山 (53)

    ハイキングコース・すずらんの里・青柳駅 9kmを目指します。
    展望の無い展望台を過ぎて青柳方面とお別れして一路すずらんの里駅へ向かいます。

    入笠山登山 (54)

    下山途中から突然夕立のような雨が降って来ました。
    レインウェアは持っていましたが、ゴールまでもう少しだったので着ないで済ませましたが、リュックにはレインカバーをしました。

    入笠山登山 (55)
    羊も雨宿り

    雨は一向に止む気配がありません。
    こうなったらあと1㎞程度だからそのまま濡れてっちゃえー。

    入笠山登山 (56)
    こちら側は大雨なのに八ヶ岳には陽が射してる!

    ビショビショになってすずらんの里駅の駐車場に着いた途端、夕立は上がりましたとさ。

     活動時間 : 5時間38分
     活動距離 : 22.3㎞
     高低差 : 1056m
     累積標高上り : 1249m

    登山道はあまり面白くなかったですが、広々とした山頂(展望があれば更に)としっとり静かな大阿原湿原にとても癒された山行でした。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    「入笠山」と書いて「にゅうかさやま」と読む
    2017年08月07日 (月) | 編集 |
    昨日の朝、一仕事してから山登りに向かいました。
    遠くまで行けないので、近場の南アルプス北端にある入笠山(にゅうかさやま)に行ってきました。(近場か?)

    入笠山の「入」は、八ヶ岳の「にゅう」と同じく「刈り取り後の稲を円筒状や円錐形に積み上げた稲わらのこと」らしいです。

    入笠山地図

    入笠山に登るにはスキー場のゴンドラがあり、山頂近くまで行ける自動車道もあります。
    登山口も山の途中まで車で行って登り始める「沢入登山口」もありますが、ここは敢えて麓から登るために「すずらんの里駅(中央本線)」からの出発を選択しました。

    まずはマイカーで中央高速諏訪南ICを目指します。

    入笠山登山 (1)
    雲の上にふなっしーが飛び出してる!

    入笠山登山 (2)
    すずらんの里駅は諏訪南ICを下りて3分
    駅北に無料駐車場あり

    入笠山登山 (4)

    入笠山登山 (5)
    すずらんの里駅は可愛らしい駅

    入笠山登山 (3)
    すずらんの里駅から見る入笠山

    入笠山 (6)
    国道20号沿いの八幡神社脇の舗装道路をしばらく進む

    入笠山登山 (7)
    950mって標高だよね

    入笠山登山 (9)
    ちょっと寄り道

    入笠山登山 (8)
    マレットゴルフ場を横切る

    入笠山登山 (10)
    爽やかな林道

    入笠山登山 (11)
    青柳口からの登山道と合流
    左から来て右に進む

    入笠山登山 (12)
    大澤山分割記念碑?
    分割を祝うのかなぁ・・・

    この記念碑を過ぎたあたりから登山道はなかなか難易度が上がります。
    マーキングも少なくて道迷いの恐怖が・・・。
    所々にある標識通りに進んでいくと

    入笠山登山 (13)

    入笠山登山 (14)

    入笠山登山 (15)

    やがて踏み跡が殆ど見えない所に案内されます。( ̄  ̄;)

    入笠山登山 (16)

    この道には野バラが多く、ズボンや袖を引っ掻きます。
    半袖半ズボンの方はご遠慮ください。

    入笠山登山 (17)
    倒木まで道を塞いでる
    乗り越えるも難儀、潜るも難儀

    やがてすずらんの里駅から直登してくる道と合流すると歩きやすい広い林道になります。
    そしてすぐに展望の無い展望台に到着。

    入笠山登山 (18)
    無人の山小屋の前で一休み

    入笠山登山 (19)
    ここからは車も通りそうな道
    楽だけどツマラナイ

    入笠山登山 (20)
    お花茶屋は建設中

    入笠山登山 (21)
    無人の山荘

    入笠山登山 (22)
    無人の別荘?

    この道は行きも帰りも誰一人会わなかったほどのマイナー登山道のようです。
    山荘や別荘はいいとして、茶屋はやっていけるのでしょうか?

    入笠山登山 (24)
    開けた所に到着

    入笠山登山 (23)
    ゴンドラ山頂駅からの道と合流したらしい

    入笠山登山 (26)
    マナスル山荘まで車で行けるので

    入笠山登山 (27)
    軽装の人が沢山いる
    さてここから山頂まであと30分

    入笠山登山 (28)
    途中で岩場コースと迂回コースに分かれる
    迷わず岩場コースへ

    入笠山登山 (29)
    全然大したことない岩場を登り切って山頂直下の丸太階段に

    入笠山登山 (30)
    山頂到着~

    入笠山登山 (32)
    軽装登山者で溢れる山頂

    登っている最中にはパラパラと雨が舞っていましたが、山頂では止んでいました。
    しかし雲が多く、入笠山山頂ご自慢の360度の展望は望めませんでした。

    入笠山登山 (33)
    諏訪湖方面

    入笠山登山 (34)
    八ヶ岳方面


    時は午後2時。
    折角ここまで来たからには「大阿原湿原」には寄って行かないと!

    ・・・つづく

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用