FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    瑞牆山荘から金峰山へ その2
    2020年10月28日 (水) | 編集 |
    <つづき>

    金峰山20201025 (26)

    大日岩から見えた金峰山に向かいます。

    金峰山20201025 (29)
    標識も何も無いけど、多分ここが”砂払ノ頭”

    金峰山20201025 (30)
    すぐに展望台みたいな所に出た

    金峰山20201025 (31)
    富士山も良く見える

    金峰山20201025 (32)
    突然森林限界を越えて視界が開ける

    金峰山20201025 (33)
    ここからは山頂がいつでも確認できる

    金峰山20201025 (34)
    岩の間に富士山

    金峰山20201025 (35)
    唯一あった黄葉

    金峰山20201025 (36)
    支えの為に岩に手を着いたらヌルっとした
    よく見たら凍っていた

    金峰山20201025 (37)
    あとわずか!
    しみじみと味わって登ろう

    金峰山20201025 (38)
    五丈岩と太陽と富士山
    今日一番の写真

    金峰山20201025 (39)
    ラスボス登場
    登っている人がいたけど、私はやめておこう(^^;)

    金峰山20201025 (40)
    山頂標と八ヶ岳

    金峰山20201025 (41)
    山頂からパノラマ

    金峰山20201025 (42)
    うひゃー!! 絵画みたい!!

    金峰山20201025 (43)
    五丈岩を横から

    山頂でゆっくりする予定でしたが、トイレに行きたくなってしまい、急遽予定になかった金峰山小屋に向かうことにしました。

    金峰山20201025 (44)
    金峰山小屋横の岩の天辺にケルン?
    これを登る人がいるのね~

    金峰山20201025 (45)
    金峰山小屋
    この奥ににトイレがある(使用料200円)

    金峰山20201025 (46)
    岩のオブジェの前で軽食を食べながら一休み

    金峰山20201025 (47)
    さーて、増富方面へ帰るとしますか

    金峰山20201025 (48)
    グッバイ、金峰山
    良い山だったよ

    金峰山20201025 (49)
    ずーーっと紅葉が無かったけど、
    富士見平まで下りてきたら色づいていた
    朝は暗くてよく分からなかった

    金峰山20201025 (50)
    なかなか良い色合いだなー

    金峰山20201025 (51)
    朝見た瑞牆山とまた違ったカッコ良さ!

    金峰山20201025 (52)
    ここから紅葉三昧

    金峰山20201025 (53)
    登りの時は気づかなかったなぁ

    金峰山20201025 (54)
    紅葉を鑑賞するには明るい太陽が必須だね

    金峰山20201025 (55)
    瑞牆山荘まで無事到着
    この周辺はバッチリ紅葉

    金峰山20201025 (56)
    透ける赤が美しい

     活動時間 : 6時間33分
     活動距離 : 12km
     累積標高上り : 1319m

    「一応登っとくか」程度の気持ちで行った金峰山でしたが、好天にも恵まれ、山頂からも途中でも見られた絶景に圧倒されました。
    なめててスミマセンでした。m(_ _)m
    大弛峠からなら比較的楽に登れる山なので、興味のある方は是非訪れてみてください。
    ただ、紅葉は期待できませんケド。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:登山
    ジャンル:趣味・実用
    瑞牆山荘から金峰山へ その1
    2020年10月27日 (火) | 編集 |
    10月25日(日曜)は久々のソロ登山に行ってきました。
    曇天の心配がいらないウキウキ気分でマイペース登山です。

    目的地は日本百名山の一つ「金峰山(きんぷさん)」
    大弛峠からの軟弱ルート(標高差237m)もありますが、ここはやっぱり敢えての瑞牆山荘からルート(標高差1085m)でしょう。

    午前4時30分、眠い目をこすりつつ真っ暗な中、家を出発です。
    瑞牆山荘に6時45分頃に着きましたが、気温はなんと1℃でした!

    金峰山20201025 (1)
    瑞牆山荘の朝は早い
    ここからスタート

    金峰山20201025 (2)
    初めは爽やかな林道

    金峰山20201025 (3)
    ほどなくして瑞牆山のビューポイント
    瑞牆山カッコイイ!!

    金峰山20201025 (4)
    そして富士見平に到着

    金峰山20201025 (5)
    林間をしばらく行くと高見岩への分岐点
    行ける所は行くぜ

    金峰山20201025 (6)
    この道は険しい・・・(´д`;)

    金峰山20201025 (7)
    分岐から10分で高見岩到着
    鎖を使ってよじ登ると・・・

    金峰山20201025 (8)
    ぱーーっと視界が開けた!!

    金峰山20201025 (9)
    南を見れば、遥か遠くに雪を被った南アルプス

    金峰山20201025 (10)
    西を見れば、八ヶ岳と瑞牆山

    金峰山20201025 (12)
    東を見れば、富士山の姿も!

    金峰山20201025 (11)
    そして更に左に視線を振れば、目的地の金峰山
    中央奥の尖って見えるのが山頂直下の五丈岩

    金峰山20201025 (13)
    大日小屋到着
    随分と陰湿な場所に建ってるなぁ

    金峰山20201025 (14)
    ここには登山者が大勢いた
    団体の人や、テント泊の人もいるようだ

    金峰山20201025 (15)
    ここには立派な霜柱がニョキニョキ

    金峰山20201025 (16)
    屋小日大ル至 至ル大日岩
    面白い標識

    金峰山20201025 (17)
    そして大日岩に到着
    上を見上げれば・・・

    金峰山20201025 (18)
    全体像が見えないー!!

    金峰山20201025 (19)
    大日岩の右を巻くように登っていくと八丁平との分岐点
    八丁平の方へ行くと大日岩に登れる
    行くしかない

    金峰山20201025 (20)
    大日岩の登り口
    若干岩登りのテクニックが必要か?

    金峰山20201025 (21)
    成形されたような岩がゴロリ
    このまま進むと大日岩に登れない

    金峰山20201025 (28)
    右側に進めそうな所発見

    金峰山20201025 (27)
    ここはリュックを下ろさないと通れない

    金峰山20201025 (22)
    天辺到着
    富士山チラ見え

    金峰山20201025 (23)
    手前の円錐が飯森山、右のゴツゴツが瑞牆山
    遠くの連山が八ヶ岳

    金峰山20201025 (24)
    北には小川山

    金峰山20201025 (25)
    更に右を見ると変な形の岩
    多分左の岩の天辺が一番高い所だけど
    私の技術では行けそうにないのでサッサと諦める

    金峰山20201025 (26)
    さて、まだここは中間点
    今度はあの五丈岩を目指してケッパルぞー!!


    つづく・・・

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:登山
    ジャンル:趣味・実用
    中央公園の池に
    2020年10月05日 (月) | 編集 |
    昨日は天気が良ければ2時起きして紅葉狩りがてら白馬岳に行こうと思っていましたが、天気予報が見事に”曇のち雪”。(;д;)
    仕方がないので市内ウォーキングに変更です。

    潤井川の土手を中央公園に向けて歩きます。
    あわよくばカワセミに逢えたらと川岸を凝視しながら歩きますが、草や葉が多くて全然見つかりません。

    すると、道を横切る長い帯。

    閲覧注意!! ヘビ横断中!

    眼が赤くないので多分アオダイショウです。
    性格も穏やかだったし。
    全長1m以上の大物でした。

    ヘビさんにバイバイして中央公園に着きました。
    池の横のベンチに座ってお弁当でも食べようかと思ったその時!

    カワセミ20201004 (1)

    カワセミ20201004 (2)

    池の縁石の上にヤツはいた!
    日曜のお昼時で大勢人がいるのにも関わらず、こんな近くに。
    (♡▽♡)

    カワセミ20201004 (3)

    カワセミ20201004 (4)

    カワセミ20201004 (5)

    ちっくしょー、カワイイなぁー!!

    あ、飛んだ!

    池を渡って反対側へ。

    カワセミ20201004 (6)

    カワセミ20201004 (7)

    柵に留まっている姿も画になるなー。

    また飛んだ!

    今度は池に張り出した木の枝に。

    カワセミ20201004 (8)

    カワセミ20201004 (9)

    カワセミ20201004 (10)

    あっちへこっちへ移動して、探して見つけて写真撮って・・・
    20分ほどそんなことをしているうちに、やがて見失ってしまいました。

    ようやくベンチに座ってお弁当をいただきました。
    今撮った写真をおかずに。
    今日のセブンイレブンのおにぎりは一味違う。

    その後、雁堤と岩本山公園にも寄りましたが、特筆すべきことはありませんでした。
    (^^;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    赤岳だけ
    2020年08月20日 (木) | 編集 |
    同級生が次々と還暦を迎え、それぞれに「赤」をテーマの写真をSNSに投稿したりしていました。
    私らしい「赤」ってなんだろうと考え、「ならば八ヶ岳の最高峰赤岳でしょう!」と行ってきた次第です。
    いつもなら縦走して他のピークも踏むのですが、今回は赤岳だけを目指します。

    赤岳のみ地図

    今回のルート
    美濃戸口~美濃戸~南沢コース~行者小屋~地蔵尾根~赤岳
    赤岳
    ~文三郎道~行者小屋~赤岳鉱泉~北沢コース~美濃戸口

    赤岳だけ (1)
    まだ日が差す前の八ヶ岳山荘(美濃戸口)を出発

    赤岳だけ (2)
    美濃戸の赤岳山荘ではマンモスもマスクをしてるけど・・・

    赤岳だけ (3)
    鼻孔も口も覆ってないので意味ないかな~(^^;)

    赤岳だけ (4)
    今日は南沢からアプローチ

    赤岳だけ (5)
    こんなに乾燥している八ヶ岳の登山道は初めて!

    赤岳だけ (6)
    行者小屋も休業中

    赤岳だけ (7)
    行者小屋から見える赤岳
    休む間もなく地蔵尾根を登る

    赤岳だけ (9)
    こんな梯子状の階段や

    赤岳だけ (10)
    こんな網網の階段を登る

    赤岳だけ (8)
    時折見える絶景が和む~

    赤岳だけ (11)
    更にこんな階段や

    赤岳だけ (12)
    岩場を登っていくと

    赤岳だけ (13)
    地蔵の頭に到着、稜線に出る

    赤岳だけ (14)
    あとはあのピークを目指すのみ

    赤岳山頂だけ
    山頂に着いた! すごい青空!

    還暦に赤岳 (1)
    で、例の写真。
    快晴だけど涼しい~

    赤岳だけ (16)
    キレットから権現岳、南アルプスもクッキリ

    さあ、用は済んだからサッサと下山しよ

    赤岳だけ (17)
    いつもならここから阿弥陀岳に向かうけど、文三郎道で行者小屋へ

    赤岳だけ (18)
    こっちも階段が沢山
    あの赤い屋根目指して直滑降

    赤岳だけ (19)
    行者小屋ふたたび

    赤岳だけ (20)
    この水が激うま
    2リットル汲んで持ち帰った

    赤岳だけ (21)
    朝はここを右に、今回は真っすぐ進む

    赤岳だけ (23)
    中山乗越展望台に寄り道

    赤岳だけ (22)
    またいつか歩きたい稜線が一望できた

    赤岳だけ (24)
    赤岳鉱泉手前に木造のヘリポート

    赤岳だけ (25)
    赤岳鉱泉到着

    赤岳だけ (26)
    そして美濃戸口に無事帰還

     活動時間 : 7時間07分
     活動距離 : 19.9㎞
     累積標高上り : 1589m

    午後1時過ぎには美濃戸口に戻ったので、帰りがてら石和のお気に入りの温泉初花に寄りましたが、甲府盆地は激暑でした。(;:´д`:;)

    赤岳だけ (27)

    車の外気温計は43℃を表示してました。(>_<)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:登山
    ジャンル:趣味・実用
    槍・穂高連峰 完登~!
    2020年08月12日 (水) | 編集 |
    やまつみ”八ヶ岳”完成の後、しばらくしてから満を持して”穂高連峰”に突入したいんちょでしたが、数々の試練(大失敗・手の咬傷・etc)を経て苦節1か月、とうとう・・・というか、なんとか、漸く完成することが出来ました。
    (つ_T) うっ・・・老眼の身には苦労の連続。。。

    何しろ地形が複雑でピークの数が八ヶ岳の比ではない。

    最難関だったパーツがこれ

    やまつみ槍穂(最難関)

    この細い所を千切ることなく剥がし、曲げることなく貼り付けることの難しさ・・・
    やったことがある人にしか分からないでしょう o(T^T)うっ
    しかもやっぱり曲がっちゃった・・・

    そんなこんなを乗り越えて、なんとか3000mの段を貼り終えました。

    やまつみ槍穂 (1)

    後に残っているのは3000mを超える8座。

    やまつみ槍穂 (2)

    全部登りたいー!!

    更に貼り続けて3100m

    やまつみ槍穂 (3)

    もう”槍”と”奥穂”しか残っていません。

    そして・・・

    やまつみ槍穂 (4)

    最後の奥穂高山頂を積んで

    やまつみ槍穂 (5)

    穂高連峰完成~~~!! \(T▽T)/ ばんずわ~い!

    やまつみ槍穂 (7)

    やまつみ槍穂 (6)

    今までに歩いたルートが立体的に見える!!
    感慨ひとしおです。

    やまつみ槍穂 (8)

    表銀座で見ながら歩いた槍・穂高も忠実に再現。

    ここまで積み上げるのにメチャクチャ苦労したので、実際に行った時よりやまつみ完成の喜びの方が大きいかも。

    言い過ぎました。m(_ _)m
    実際登頂の方が素晴らしいです。

    いや、でもかなり近い感動がありましたよ。

    流石難易度★★★★★+★の穂高連峰でした。
    ★3つの八ヶ岳はもう一度やってもいいかな~なんて思いますが、穂高はもうこりごりです。
    多分何度やってもミスしちゃうんだろうな、というくらい難しかったです。

    パーツの厚みより幅の方が細かったり、パーツ裏の粘着シートが剥がれちゃったり、小さ過ぎてピンセットで摘まもうとしたらはじけ飛んだりするのはもう勘弁してください。(^▽^;;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ