あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    夕暮れの上高地へ
    2017年10月12日 (木) | 編集 |
    karasawa.jpg

    涸沢での紅葉鑑賞、撮影、ため息で思いの外時間を掛けてしまい、予定時間をオーバーしてしまいました。
    しかしここを素通りする訳にはいかないでしょう。

    紅葉を満喫して、そこから涸沢ヒュッテを目指します。

    IMG_7637.jpg
    涸沢ヒュッテ

    IMG_7638.jpg
    涸沢ヒュッテへの道

    IMG_7641.jpg
    ここも美しい~

    IMG_7650.jpg
    09:20 ヒュッテ到着

    IMG_7655.jpg
    うひゃー!

    P1100027.jpg
    どひゃー!!

    IMG_7699.jpg
    ぐわー!!

    P1100033.jpg
    山岳写真なんかで見たことあるーー!!
    でも実物は100倍綺麗ぃ~!! o(*≧▽≦*)o
    こんなところでゆっくりまったりしたら気持ちイイだろうな~ 
    (* ̄▽ ̄*)。oO〇

    でも時間が押しているのでここはトイレ休憩のみ

    IMG_7657.jpg
    奥穂高岳に向かってパノラマコースを登る

    IMG_7658.jpg
    なんか・・・おどろおどろしい・・・

    IMG_7659.jpg
    パノラマコースから前穂高方面

    P1100035.jpg
    パノラマコースから涸沢岳、北穂高方面
    青空を突き刺す涸沢槍が見事!

    IMG_7671.jpg
    見どころのハズのお花畑は既に草紅葉

    IMG_7678.jpg
    涸沢小屋からの道と合流

    IMG_7679.jpg
    ガレガレの道を登る

    IMG_7686.jpg
    ザイテングラート取付に到着
    一呼吸おいて、さて難所に取り掛かりますか・・・

    IMG_7687.jpg
    ザイテングラートの途中で一休みして振り返る
    おーー!! 涸沢カーーール!!
    涸沢ヒュッテがあんなに小さくなった

    DSCN2581.jpg
    長野県警のヘリコプターがカールの中をグルグル回ってる
    事件や事故じゃなければいいけど・・・
    自分への注意喚起としてヘリを目に焼き付ける

    IMG_7691.jpg
    11:16 穂高岳山荘に到着。 青空終了~
    ここに荷物を置いて(デポして)涸沢岳に向かう

    IMG_7702.jpg
    穂高岳山荘から涸沢岳に向かう道
    登っている最中にガスと強風で真冬並みの寒さに・・・
    不覚にも手袋を荷物の中に入れたままにしたため、手が痛い(>_<)

    DSCN2593.jpg
    11:36 涸沢岳登頂
    しかし・・・

    DSCN2594.jpg
    山頂はゴロゴロ石だらけで平らな所なし
    座ることもできないし、展望なし、極寒のため早々に下山

    DSCN2602.jpg
    涸沢岳下山途中に穂高岳山荘と奥穂高岳(のはず)
    吹き荒れるガスで奥穂は見えない

    DSCN2609.jpg
    穂高岳山荘で一休みして、いざ!奥穂高岳へ!

    DSCN2613.jpg
    岩登りあり、梯子あり

    IMG_7694.jpg
    12:28 奥穂高岳登頂
    昨年同様展望無し(´д`)

    山頂付近で休みながら暫く待っていたけどガス晴れず。 残念。。。
    奥穂からの景色を見せてくれないようです
    諦めて下山開始
    去年と同じ岳沢経由で

    P1100045.jpg
    吊り尾根ではずーーっとガスガス

    P1100049.jpg
    13:45 紀美子平に到着

    P1100050.jpg
    流石にこれから前穂高に登る元気は無いなぁ~(^^;)
    そのまま岳沢小屋に向けて急降下

    P1100051.jpg
    ちらっと見えた上高地

    IMG_7704.jpg
    岳沢パノラマから
    夏とはまた違う雰囲気だね

    IMG_7705.jpg
    岳沢小屋が近づいてきた! ウレシー!

    IMG_7707.jpg
    15:00 岳沢小屋に到着~
    ここまで来るとホッとするね
    でもまだ上高地まで1時間半もあるよ~(; ̄д ̄)

    P1100062.jpg
    天然クーラー”風穴”通過
    涼しい~

    P1100063.jpg
    16:32 河童橋に着いた~!!
    すっかり日は陰って、穂高の山頂は雲に隠れてた

    P1100065.jpg
    楽しみにしていたアイスクリーム屋さんは既に閉店 
    遅かったかぁ~ (_ _|||)

    噂のが見られて幸せです~。

    涸沢奥穂マップ

      活動時間 : 11時間32分
      活動距離 : 26.0㎞
      累積標高上り : 2018m

    前半の紅葉がハイライトで、後半のピークハントは惰性みたいな感じだったね~。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:登山
    ジャンル:趣味・実用
    夜明け前の上高地から
    2017年10月11日 (水) | 編集 |
    午前5時。
    上高地はまだ真っ暗でした。

    IMG_7544.jpg
    一番バスには沢山の人が

    IMG_7541.jpg
    登山届の窓口

    05:09 さあ出発!

    IMG_7545.jpg
    河童橋は闇の中

    IMG_7547.jpg
    05:42 明神に到着
    野生の猿が闊歩してた

    IMG_7549.jpg
    この辺は紅葉の始まり

    IMG_7553.jpg
    槍ヶ岳の飛騨沢ルートよりずっと楽しいアプローチ道

    P1090992.jpg
    山の稜線に朝日が当たって赤くなってきた

    IMG_7563.jpg
    06:18 徳沢ロッヂに到着

    IMG_7565.jpg
    色とりどりのテントが華やか

    IMG_7568.jpg
    みちくさ食堂
    寄って行きたくなるね

    IMG_7573.jpg
    ”屏風のコル”に向かう新村橋
    いつか行ってみたいけど、今日は渡らない

    IMG_7578.jpg
    07:10 横尾山荘に到着
    こちらもテントが沢山

    IMG_7582.jpg
    北アルプスの山小屋はどこも綺麗!

    横尾は槍ヶ岳方面と涸沢方面の分岐点

    IMG_7586.jpg
    横尾大橋
    涸沢に向かう人はこの橋を渡る

    IMG_7598.jpg
    岩小屋跡
    小屋があったのかな?

    IMG_7599.jpg
    屏風岩の絶壁


    IMG_7604.jpg
    あ!北穂高(たぶん)が見えてきた!
    樹々も色づいてきた

    IMG_7607.jpg
    屏風岩の麓の紅葉も綺麗
    すれ違った人の「上はもっと綺麗ですよ~」に期待値アップ

    IMG_7609.jpg
    08:01 本谷橋到着

    IMG_7608.jpg
    ここにもテント場あり

    この先、下山してくる人たちの大渋滞が発生
    すれ違う度に「すみません」「ありがとうございます」の連呼の声枯れる

    IMG_7622.jpg
    いよいよ本格的な涸沢の紅葉の始まりか?
    わくわく

    IMG_7625.jpg
    お!

    IMG_7627.jpg
    おお!

    IMG_7632.jpg
    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    IMG_7633.jpg
    うおー!!


    IMG_7636.jpg

    IMG_7696.jpg

    P1100015.jpg

    P1100016.jpg

    P1100021.jpg

    P1100023.jpg

    P1100026.jpg
    すんげー!!

    あまりの綺麗さに立ち止まり、シャッターを切りながらため息ため息・・・・
    なかなか進めない〜(*゚▽゚*)

    かつて見たことのあるどの紅葉よりも美しかった~。

    ・・・つづく

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:登山
    ジャンル:趣味・実用
    涸沢に紅葉を見に行ってきました!
    2017年10月10日 (火) | 編集 |
    涸沢の紅葉 (2)

    涸沢の紅葉 (1)

    涸沢の紅葉 (3)

    涸沢の紅葉 (4)

    絶景かな絶景かな~



    あまりの美しさにため息~。

    詳細はまた・・・(^^;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:日記
    ジャンル:日記
    私は走りませんが
    2017年09月28日 (木) | 編集 |
    Amazonから荷物が届きました♡

    トレラン本 (1)

    蓋を開けると

    トレラン本 (2)

    やった。注文していた本だ。

    トレラン本 (3)

     「アドベンチャーレースに生きる」 田中正人・田中陽希
     「トレイルランナー ヤマケンは笑う」 山本健一
     「激走日本アルプス大縦断」 NHKスペシャル取材班

    田中正人、田中陽希、山本健一、望月将吾、駒井研二・・・(敬称略)

    大自然の中を、体力の限界まで走り抜ける超人たち。
    私の中の神々の物語です。

    ついでにDVDも。

    DVD.jpg

    去年の夏に行われた「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」の映像です。
    NHKで放送されましたが見逃してしまい、どうしても見たくて買っちゃいました。

    こういう人たちの活躍を見たり読んだりしていると、ムクムクと力が湧いてきます。
    そして「自分も何かしなくちゃ」という思いに駆られます。

    私は走れないのでこんなレースには出られませんが、自分なりのチャレンジをしていきたいと思います。

    槍ヶ岳も目標の一つでしたが、今年クリアできました。
    取り敢えず来年は「自宅から富士山頂」かな。。。(^^*)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    村山古道の偵察
    2017年09月25日 (月) | 編集 |
    村山古道とは、約1000年前平安時代の末期に開かれた、標高0メートル(田子の浦)から富士山頂まで続いている富士山最古の登山道です。

    村山古道ルート

    明治維新の廃仏毀釈で廃道となっていたものを21世紀になってからボランティアによって再整備されました。
    今では更に整備が進み、所々にルート案内があります。

    登山ルート3776 (2)

    とはいえ、
    「0から3776なんて無理だ」
    と思ってました。

    でも、先日槍ヶ岳に日帰りで行ってきた時に、「これが出来るんなら大概の山に日帰りで行って来られるなぁ~」と感じ、「もしかして村山古道も可能かも・・・」と思い始めました。(^^;)バカだね~。

    吉原から大渕までの道は分かりますが、大渕から富士山スカイライン西臼塚までの道が分かりません。
    取り敢えず村山浅間神社まで偵察に行くことにしました。

    何だかんだで出発は午後2時過ぎ、自宅から大渕まで北上し、村山道と合流します。
    その辺りは夜の徘徊でよく通る道ですが、

    村山道 (1)

    いつも真っ暗な中を歩いているのでこんな案内板があるなんて気付きませんでした。
    村山道の道標は、大変親切で、

    村山道 (2)

    村山道 (3)

    村山道 (4)

    村山道 (5)

    村山道 (6)

    村山道 (7)

    村山道 (8)

    村山道 (9)

    村山道 (10)

    村山道 (11)

    村山道 (12)

    要所要所をあの手この手で案内してくれるので(明るければ)迷わず進めます。

    自宅を出発してから1時間50分後

    村山神社 (1)

    村山神社 (3)

    村山神社 (2)

    村山浅間神社に到着しました。
    ここまでが村山道、神社の西側の道から村山古道になります。

    オールコック碑 (1)

    オールコック碑 (2)

    村山道 (19)

    村山道 (20)

    村山浅間神社から600mくらい登ったところに「憩いの場」が。

    村山道 (21)

    ここは石や苔や藤蔓等で作ったインテリア、エクステリアを売っている無人販売所のようです。

    憩いの場 (2)

    憩いの場 (1)

    そこから更に100mほど進んだところで出発から2時間経過した。
    ここから西臼塚までは本格的な山道のようですから、偵察はまた後日に取っておいて今日の所は戻ることに。

    来た道を戻るのはツマラナイので469号線を富士宮方面に下って帰ってきました。

    村山古道の偵察

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用