FC2ブログ
    あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
    きのこの山
    2018年09月19日 (水) | 編集 |
    お菓子のことではありません。( ̄▽ ̄;)

    9月17日に予約診療が終わった後、お昼過ぎから山梨の櫛形山に登ってきました。

    櫛形山地図

    「南アルプス市 県民の森」の駐車場に車を停めて北尾根登山道を登り、アヤメ平、裸山を経て櫛形山山頂へ。
    下山は中尾根登山道を一路県民の森へ。

     活動時間 : 4時間40分
     活動距離 : 13.9㎞
     累積標高上り : 1209m 

    登山路は単調だし、展望も殆ど無くて、若干面白みに欠ける山でした。
    (あくまでも個人の感想です ^^;)

    ただ、湿気が多いせいかキノコが種類も数もとても多かったです。

    キノコ軍団 (1)

    キノコ軍団 (2)

    キノコ軍団 (3)

    キノコ軍団 (4)

    キノコ軍団 (5)

    キノコ軍団 (6)

    キノコ軍団 (7)

    キノコ軍団 (8)

    キノコ軍団 (9)

    キノコ軍団 (10)

    キノコ軍団 (11)

    キノコ軍団 (12)

    タマゴタケ (2)

    タマゴタケ

    キノコ軍団 (13)

    キノコ軍団 (15)

    キノコ軍団 (16)

    キノコ軍団 (17)

    キノコ軍団 (18)

    キノコ軍団 (19)

    キノコ軍団 (20)

    キノコ軍団 (21)

    キノコ軍団 (22)

    キノコ軍団 (23)

    キノコ軍団 (32)

    キノコ軍団 (33)

    キノコ軍団 (34)

    キノコ軍団 (35)

    色も形も様々。
    茸に詳しい人だったら宝の山かもね。

    でも先日も毒キノコを食べて亡くなった方のニュースがありましたから、私は鑑賞するだけにしておきました。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    劔岳は修験の山 2
    2018年08月23日 (木) | 編集 |
    <つづき>

    早月小屋でトイレを借りてから一休み。
    それから買ったばかりのヘルメットの緒と心を締めて、劔岳の核心部に向かいます。

    剱岳登山 (30)
    あと距離で2.9㎞、標高差798m

    剱岳登山 (31)
    ザレザレ

    剱岳登山 (32)
    ガレガレ
    写真で難易度が伝わらない・・・( ̄  ̄;)

    剱岳登山 (33)
    おお~、早月小屋がもうあんなに下だ

    剱岳登山 (34)
    つーことは、頂上まであと2.1㎞

    剱岳登山 (35)
    稜線に出て視界が開けた
    劔の山頂を目視で確認!

    剱岳登山 (36)
    出た! ほぼロッククライミング!!
    下山者待ち
    あ、ゆっくり下りてくださ~い。

    剱岳登山 (37)
    げっ! 鉄筋刺して足場にしてある・・・

    剱岳登山 (38)
    あれ? まだこれだけしか進んでない

    剱岳登山 (39)
    こっちの尾根は険しいな・・・( ̄^ ̄;)ゴクリ

    剱岳登山 (40)
    おっと、残雪だ
    でも全然涼しくない

    剱岳登山 (41)
    立山方面を見ると、段々雲が広がってきた
    なんとか山頂までもってくれ!

    剱岳登山 (42)
    近いようで遠い

    剱岳登山 (43)
    難易度高し
    体力・気力・技術ともに必要

    剱岳登山 (44)
    来た! テレビや写真で見たことある「獅子頭」
    足を滑らせたら・・・( ̄  ̄|||)ゾー

    剱岳登山 (45)
    ちょっ・・・、どこに足を掛けるの??
    ほぼ真下を撮ってる写真

    この後難所が続き、写真を撮る余裕なし

    剱岳登山 (46)
    山頂近く、ガスってきちゃった

    剱岳登山 (47)
    全然目立たない「早月尾根へ」の案内

    剱岳登山 (48)
    何て書いてあるか分からないけど、これは目立つ
    帰りの目印なので目に焼き付ける

    剱岳登山 (49)
    あ! 山頂の祠が見えてきた!
    でも走りたいけど走れない

    剱岳登山 (50)
    着いた!
    あ、裏だ。。。

    剱岳登山 (52)
    うっひょー! 会いたかったゼっ!

    剱岳登山 (51)
    真っ白白すけの山頂に到着~!
    感激ー!!

    山頂には二人しかいませんでした。
    「ついさっきまで晴れてたんですけどね~」
    だそうです。(_ _|||)
    暫く岩だらけの山頂に腰掛けて休みながら、一瞬でも晴れないかと待っていましたがダメそうです。
    予報では午後は天気が下り坂というので、諦めて下山を始めました。

    すると一瞬だけ前劔方向の雲が切れたのでカメラを取り出してパシャリ。

    剱岳登山 (53)

    これ以降景色が見えることはありませんでした。

    それどころかまだ危険な岩稜帯通過中にボタボタと大粒の雨が降り出しました。
    急いでレインウェアを着てカメラをザックの中にしまいました。
    岩場が濡れるとスリップし易く危険度数段アップ。。。
    慎重、慎重、また慎重・・・
    下山スピードが超遅行に。

    やがて雨は止みましたが、相変わらずの曇天です。
    そのままレインウェアを着たまま下山を続けました。
    30分ほど歩きましたが雨が降ってきません。
    レインウェアを着ているととても歩きにくいし、すごく暑くなってきてしまったので、足場の良い所で脱ぎました。
    あー楽になったー。

    ところが、もうすぐ早月小屋というあたりまで来たら再び雨。
    登山口まであと2時間ちょっとだし、既に服は汗でビショビショだし、気温が高くて低体温の心配も無いしで、レインウェア無しで降りてきました。

    急坂が濡れると岩も木の根も土も全部滑るので大変です。
    滑落の危険がある場所では集中力を総動員して無事に通過しましたが、特に危険じゃない所で何度もコケました。
    集中力の維持は難しい。

    予定では下り3時間50分のところ、4時間30分も掛かってしまいました。

    剱岳登山 (56)

    登山口の赤い幟(のぼり)が見えた時は涙が出るほど嬉しかったです。

    剱岳登山 (57)
    疲労困憊のびしょ濡れオヤジ

    展望無しの雨中登山は、正に修験の道でした。
    晴れていたらまた違う印象でしょうね。

     活動時間 : 11時間37分
     活動距離 : 15.4㎞
     累積標高上り : 2277m

     達成感は100%
     満足感は50%

    お疲れ様でした~。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    剱岳は修験の山
    2018年08月22日 (水) | 編集 |
    山登りする者、”いつかは劔に”と願う。

    劔岳は私にとって「憧れ」というより「畏敬」の山。
    体力だけでは登れない山。
    技術も心も必要な山。
    今までこの山の為にトレーニングしてきたと言っても過言ではありません。

    さて、劔岳登山に向けて前日から富山入りしたいんちょですが、幸か不幸かTJAR選手の応援やら富山までのロングドライブやらで疲れてしまい、苦手な外泊にもかかわらず4時間ほど寝られました。
    これなら自宅から出発よりずっと楽です。

    午前4時に宿を出て劔岳に向かいます。

    夜明けの劔 (1)
    おお!劔の岩稜が見えた!

    夜明けの劔 (2)
    05:10 登山口の馬場島の駐車場に到着
    心と体の準備をして、いざ出発

    剱岳登山 (1)
    馬場島のキャンプ場を通り過ぎ

    剱岳登山 (2)
    この石碑を左へ

    剱岳登山 (4)
    試練と憧れ

    剱岳登山 (3)
    劔岳の諭

    剱岳登山 (5)
    剱岳(やま)に祈る

    剱岳登山 (6)
    観音像

    登山前にこれでもかってくらいに緊張感を高めてくれる

    剱岳登山 (7)
    TJARでも映った早月尾根の登山口
    05:23 さあ、行くぜ!!

    剱岳登山 (8)
    最初は穏やかな階段

    剱岳登山 (9)
    松尾平に到着

    剱岳登山 (10)
    ここまでは楽ちん楽ちん
    しかし、この後から北アルプス三大急登が牙を剥く

    剱岳登山 (11)
    一服杉
    そろそろ一服しようという所にあるのでこの名がついた
    しかし、ここで一服って山頂まで何服するんだろう?

    剱岳登山 (12) 剱岳登山 (13)
    剱岳登山 (14)
    この標識は励ましにも落胆にもなる

    剱岳登山 (15)
    あら、オシャレなマーキング

    剱岳登山 (16)
    少し坂が緩んだところに三角点
    1880mくらい

    剱岳登山 (17)
    早月小屋に近づいた

    剱岳登山 (18)
    サンショウウオが住んでいるという池
    前日の雨で濁っていて発見できず

    剱岳登山 (19)
    荒れた急登

    剱岳登山 (20)
    ヌルヌル滑る

    剱岳登山 (21)
    滑り台か??

    剱岳登山 (22)
    梯子・・・とも言えないような足場

    剱岳登山 (23)
    急に開けた!
    丸山到着

    剱岳登山 (25)
    早月小屋の赤い屋根が見えた

    剱岳登山 (24)
    北側の小窓尾根を見てみると

    猫の後頭部
    ネコの後頭部のような岩があった!(^^*)

    剱岳登山 (26)
    08:51 早月小屋に到着
    ここで水分とエネルギーの補給

    剱岳登山 (27)
    早月小屋から立山方面(南)

    剱岳登山 (28)
    早月小屋から富山湾と能登半島方面(北西)

    剱岳登山 (29)
    この日の為に買ったヘルメットを装着
    気を引き締めて劔の核心部に臨む

    ここまでも急登続きでなかなか厳しい道のりでしたが、クライマックスはここから。
    さて、岩の殿堂に挑むとしましょう。

    ・・・つづく

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    剱岳に登るには?
    2018年08月21日 (火) | 編集 |
    竹内

    岩崎

    長野のロードで竹内さんと岩崎さんを見送った後、いんちょは富山に向かいました。

    当初、剱岳登山を16日の誕生日に計画していましたが、天気予報では見事に大雨。
    仕方が無いので前倒しで晴れ予報の15日に登るように変更したのでした。

    しかし、前日14日も時折大雨が降るあいにくの天気でした。
    富山県魚津市に向かう途中の空には

    おどろおどろしい雲

    おどろおどろしい雲が空を覆っていました。

    明日大丈夫か・・・?

    魚津駅

    夜、魚津駅に到着。
    翌日の剱岳登山の為に、この地で苦手な前泊をしました。
    何が苦手かというと、ホテルでも旅館でも、場所が変わると繊細ないんちょは眠れないのですよ。。。(´д`)

    しかし登山前日は、興奮の為に家でも眠れないわけだし、しかも家から日帰りだと、夜中の0時に出発しなければならないし。
    それじゃあ一緒でしょ、つーことで前泊を決意したのでした。

    果たしていんちょは無事に眠れたのでしょうか?

    ・・・つづく

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    常念岳(じょうねんだけ)
    2018年08月09日 (木) | 編集 |
    大天井岳

    大天井岳山頂にて、槍・穂高連峰で満腹になった後、本日最後の常念岳に向かいました。

    IMG_1890.jpg
    大天荘でトイレを拝借(100円)
    ありがとう大天井

    IMG_1892.jpg
    これから歩く縦走路

    IMG_1896.jpg
    東大天井の麓
    常念岳が近づく

    IMG_1898.jpg
    待ってろよ、常念!
    因みに常念岳は奥の霞んでいる方
    手前左のピークは横通岳

    IMG_1905.jpg
    その横通岳山頂に到着
    標識も看板も無く、三角点だけ

    IMG_1906.jpg
    さあ、あとは常念岳を残すのみ

    IMG_1909.jpg
    げっ! ( ̄Д ̄|||)
    一旦あんなに下るのかぁ~

    IMG_1913.jpg
    13:13 常念乗越に到着

    スタートが早かったのもあって予定より1時間ほど早く着きました。
    ここでベンチに座って一休みしながら自分の脚と相談。
    脚は「まだ若干の余裕がございます」と言う。
    気持ちも「行くしかないでしょう」と言う。

     先日の空木岳に比べたら全然平気じゃん( ̄▽ ̄*)

    とここまでは思ってました。( ̄  ̄;)

    いざ登り始めると、

    IMG_1914.jpg
    ガレガレのズルズル、浮石だらけで超歩きにくい
    体力・気力とも急激に奪われていく

    しかも・・・

    IMG_1916.jpg
    頂上と思っていたところは偽ピークで、
    そこを越えて真のピークが見えた
    更に続くガレ場でこの距離は絶望的に辛い

    IMG_1925.jpg
    14:20 着いた!

    IMG_1922.jpg
    ふえ~、着いた~!!
    へばった笑顔

    IMG_1923.jpg
    槍・穂高方面

    IMG_1927.jpg
    大天井・燕方面

    IMG_1927-2.jpg
    こんなに歩いて来たんだね~
    人間の脚ってすごいなぁ~

    常念岳の山頂はメチャクチャ狭くて平らな所がありません。
    更に次から次へと登山者がやってくるので居場所がありません。
    長居は無用。
    そそくさと下り始めました。

    IMG_1929.jpg
    常念小屋が遠いよ~

    IMG_1930.jpg
    15:03 常念乗越に帰還

    P1100351.jpg
    常念小屋の赤い屋根と薄っすら浮かぶ槍・穂高

    帰りは一の沢の登山口に下ります。
    そこからタクシーで穂高神社駐車場に向かう予定ですが、登山口にタクシーは常駐していません。
    電話で呼ばなければ来てくれませんが、登山口は圏外らしい。
    なので圏内の常念乗越から携帯でタクシーの予約をします。
    「大体2時間半位で下山する予定ですから17時40分頃にお願いします」
    コースタイムは3時間20分。間に合うか?

    IMG_1935.jpg
    下りはどこでもツマラナイけれど、ここは沢沿い
    所々で清流に会える

    IMG_1936.jpg
    花崗岩が赤い
    鉄分か?

    IMG_1937.jpg
    こんな丸太橋を何度も渡る

    IMG_1942.jpg
    可愛いケルン

    IMG_1945.jpg
    ベンチが無い王滝ベンチ

    IMG_1949.jpg
    古池

    ランドマークがいくつかあって気が紛れる

    IMG_1954.jpg
    15:15 着いたー!!

    IMG_1956.jpg
    無事下山
    タクシーはまだ来てなかったよ~

     活動時間 : 11時間53分
     活動距離 : 23㎞
     累積標高登り : 2247m

    空木岳の時よりはまだ楽でした。
    何しろ絶景区間が長くて気持ちがいいので、フィジカルの辛さをメンタルが和らげてくれます。
    やっぱり気の持ちようですね。

    お疲れさまでした~。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用