FC2ブログ
    久しぶりにヒスイ
    2020年01月12日 (日) | 編集 |
    今日はどんより曇って、冬らしく寒かったですね。

    潤井川沿いを歩いていたら、久しぶりに宝石に逢えました♡

    20200112 (1)

    でも、ガッツリ邪魔物が・・・( ̄Д ̄;)
    手前の枝を避けようとそーっと移動していたら、さーっと飛んで行ってしまいました。
    あ~あ。

    そのまま中央公園までウォーキング。

    中央公園の池まで来たら、まさかのヒスイ!

    20200112 (2)

    え~ん(>_<)
    ピントが被っている枝に合ってる~。
    気を取り直してもう一度ズーミング。

    20200112 (3)

    今度はカワセミにピントが合った!
    しかし枝が邪魔だなぁ~。

    そーっと移動して・・・

    20200112 (4)

    もうちょっと移動して・・・

    20200112 (5)

    更に移動・・・と思ったら、私の横を親子が走り抜けていくと同時に、カワセミも飛び去ってしまいました。
    ん~、残念。
    しかし今日は二羽に逢えたのでラッキーでした。

    帰りも潤井川沿いを戻りましたが、そこで三度目の翡翠★

    20200112 (6)

    20200112 (7)

    20200112 (8)

    ひゃ~!!やっぱりカワイイなぁ~。

    暫く鑑賞して、カワセミが飛び去ったのを機会に帰路につくと、自転車に乗って追いかけて来たおばさまが
    「カワセミ見ました? 私はここをよく通るんですけどね、2回だけ見たことがあるんですよ」
    と話しかけてきました。
    そこで私が
    「はい、この辺で時々見ますよ。さっき撮った写真です」
    と↑の写真を見ていただきました。
    「あらまぁ、綺麗に撮れてますね!望遠で?」
    「はい」
    「いいもの見せてもらったわ。どうもありがとうございました」

    カワセミさん、みんなを幸せにしてくれますね。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:バードウォッチング
    ジャンル:趣味・実用
    iPhone11のカメラ
    2019年11月27日 (水) | 編集 |
    iPhone11のカメラの性能が上がり、特に暗い場面が強くなったそうです。

    試し撮りをしてみました。

    IMG_8212.jpg

    IMG_8220.jpg

    201911田子の浦

    これ全部手持ち撮影です。
    強力な手振れ補正機能のおかげで長時間露出でもブレません。
    凄いなぁ。

    因みに、2017年2月に夜景に強いというLUMIX DMC-100というコンデジカメラで撮った田子の浦の写真です

    田子の浦港と富士山の夜景

    空気の透過度の違いで富士山の写りが違いますが、夜景は遜色無いですね。
    工場夜景が簡単に撮れちゃう。

    これに勝るにはやはり一眼じゃないと。

    重たいなぁ・・・(´д`;)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    梅ヶ島から富士山を望む稜線へ
    2019年11月11日 (月) | 編集 |
    昨日は紅葉で色づく梅ヶ島温泉から安倍峠を経て、バラの段から奥大光山までの稜線を歩いてきました。

    梅ヶ島温泉
    梅ヶ島

    奥大光山地図

    この稜線は富士山を望める素晴らしい道でした。

    バラの段から奥大光山 (1)

    バラの段から奥大光山 (2)

    バラの段から奥大光山 (3)

    バラの段から奥大光山 (4)

    紅葉もどっぷりと楽しんできました。

    その話はまた。

    (今日はパソコンの調子が悪くてブログが書けず、夜になってようやくパソコンが機嫌を直してくれたのでした)

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    日本一の山
    2019年11月08日 (金) | 編集 |
    11月4日、紅葉の畑薙から南アルプスの上河内岳に登る予定でしたが、なんと寝坊してしまって起きたのは出発予定時間を過ぎてからでした。
    上河内岳登山は10時間を超える行程なので出発が遅れると日没までに下山が間に合わなくなる可能性が高くなります。
    潔く諦めましょう。

    で、次の候補。

    いつか登りたいと思っていた日本一の山に登ってきました。

    牛奥ノ雁ヶ腹摺山 (4)

    牛奥ノ雁ヶ腹摺山
    うしおくのがんがはらすりやま

    日本一名前が長い山です(*^。^*)
    名前の由来は「牛奥地区にある、渡りの雁がお腹を摺るくらい高い山」だそうです。
    1990mですけどね。

    そしてここは富士山の絶好の展望台でもあるそうで、それも楽しみにしていましたが、

    牛奥ノ雁ヶ腹摺山 (6)

    山頂からの富士山は裾野が雲に覆われてしまい、すこし残念でした。
    冬の晴れた日には

    牛奥ノ雁ヶ腹摺山 (5)

    こんな富士山が見られるようです。
    因みに↑この画像は、登頂のご褒美として、山頂標の左下にあるQRコードを読み取るともらえます。

    牛奥ノ雁ヶ腹摺山は山梨県の甲州市と大月市の境にあります。
    上日川ダムの登山口から1時間40分程度のコースタイムですから、ちょっと頑張れば誰でも登れます。
    日本一の山に登ってみてはいかがですか。(⌒▽⌒)ノ

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:山登り
    ジャンル:趣味・実用
    登山用スマホケース
    2019年10月18日 (金) | 編集 |
    モンベルのカメラケースを改造してスマホケースとして使っていましたが、

    モンベルのデジカメケース (2)

    今回iPhoneを6sから11にグレードアップ&サイズアップすることになり、流石にケースが小さくなってしまいました。

    スマホケース (2)

    無理やり入れようと思えば入りますが、ケース自体も薄汚れてきましたから、新調することにしました。

    といってもそこはケチな私。
    百均で良さげなものを買ってきて改造します。

    スマホケース (3)

    サイズピッタリのペットボトルホルダーを使います。

    スマホケース (4)

    吊り下げベルトと本体にマジックテープを付けますが、粘着テープだけではすぐ取れてしまうので

    スマホケース (5)

    縫い付けます。
    粘着テープが付いているマジックテープを縫うと、粘着質がもの凄く邪魔なんですが、百均には粘着テープ無しは売ってなかったので、泣きながら縫いました。

    スマホケース (7)

    このベルトはスマホの落下防止帯になります。

    スマホケース (8)

    裏にベルト通しを縫い付けて

    スマホケース (9)

    ベルトを通して、リュックのショルダーベルトに設置して

    スマホケース (10)

    完成。
    なんかちょっとデカくてファッショナブルじゃないですが、背負ってる人が私ですから、あまり気にしません。

    さて使い心地はどうでしょう。
    今度ウォーキングの時に確かめてみます。

    いんちょ

     ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ