fc2ブログ
あい動物病院の周りで起こった出来事や、気になるニュース、趣味のこと、思ったことなどを 気の向くままのんびり書いていきます。
針飲んじゃった!
2017年10月24日 (火) | 編集 |
「刺繍針を飲み込んじゃったみたいなんです・・・」
と猫ちゃんがやってきました。(; ̄д ̄)汗

”猫に針”と言えば思い出される痛々しい画像。

針のんじゃった
糸付き針

針糸誤飲LATE
また針と糸

「飲んだのは確実ですか?」
と尋ねると
「確かではありませんけど、針が一本足りないんです」
とのこと。

取り敢えずレントゲンを撮ってみましょう。
飲んでないことを祈りながら。

needle (1)

needle (2)

あった。( ̄△ ̄|||)
でも喉に刺さってなかった。
胃の入り口(噴門)で止まってますね。

選択肢は4つ
①内視鏡で取る
②吐かせる
③胃に落ちるのを待って切開して取る
④そのまま便と一緒に出るのを待つ

当院には内視鏡が無いので、①は他院に依頼してやっていただくしかありません。
針先が口の方を向いているので、②は吐く途中で刺さる危険があります。
③は開腹手術になります。
④は胃や腸で刺さる危険があります。

飼い主さんも大変悩んでいましたが、この猫ちゃんは生後6ヶ月の雌で、1週間後に避妊手術をする予定でしたので相談の上③を選択されました。
針の摘出と一緒に避妊手術もやってしまおうという作戦です。

そのままお預かりして針が胃に入るのを待ちました。

1時間後、

ブレブレ

猫ちゃんが動いてブレブレですが、針はまだ移動していません。
仕方がない、何か食べさせて胃まで流すことにしましょう。

フードを少量食べさせて、

needle (3)

来た!
早速麻酔を掛けて開腹手術です。

手探りで胃の中の針を探します。
針先を確認し(レントゲンでは針先が背中側)、胃壁の血管の少ないところを目指してプスッと刺し、顔を出した針を鉗子で引っ張り出しました。

IMG_7789.jpg

胃は切開しないで針の穴だけで摘出です。
洗浄して念のため1糸塗って摘出は終了。
後は避妊手術(卵巣摘出)して閉腹して手術終了。


今回も針先は口の方向です。
猫ちゃんは糸と戯れていて飲み込んでしまいます。
ついでに針も。

お気を付けくださいね。

いんちょ

 ←ランクアップにご協力下さ~い! ポチッとな。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
タイトル見て「いんちょがウソついてお仕置きされたのか」と。

ニャンコの誤飲でしたか
2017/10/25(Wed) 20:46 | URL  | ELO-3 #-[ 編集]
>ELOさん
インディアン、嘘つかない
2017/10/30(Mon) 17:41 | URL  | いんちょ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック